Now Loading...

MIND

お客様に最適なご提案をするために大切にしていること。

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10

何を求めているか、何を望んでいるか。お客様のニーズが私たちの原動力。

始めはコピー機や複合機の取扱いが中心だった当社も、今ではコピー機のお問い合わせよりもパソコン関係のお問い合わせのほうが多くなり、多様性が増してきました。ネットワークやセキュリティの導入にともない、トラブルもまた多様化しています。とかくコンピューター関係は複雑なので「自分達の商品以外には触らない」という業者的な暗黙があるのですが、私達は「お客様のお困りごとにはすべて応える」というモットーで取り組んでいます。たとえ自分が知らないことでも、あらゆる手段を使って問題を解決しようとする心意気が大切だと考えています。契約は最初の1回ですが、その後何年ものお付き合いになるかどうかは我々メンテナンスの人間にかかっていますから。「次もエストラストに」と思っていただけるよう精一杯努力していきたいと思います。

静岡本社 メンテナンスサポート 統括

松村 尚久Naohisa Matsumura

値段は条件のひとつに過ぎない。大切なのは“価値”を手渡すこと。

お客様とはコスト削減のお話から始めることが多いのですが、使用状況によっては思ったほどコストが下がらないこともあります。無駄を省くことと効率を上げることは必ずしもイコールではないからです。たとえば、これまで家庭用のプリンターを使っていたお客様に業務用複写機をご提案した場合、月々の料金は上がりますが、従来にはない効率化と時間短縮がかないます。そもそも私は価格やコストだけでご契約いただこうとは思っていません。日常業務をつぶさに見つめ、お客様が本当に必要な機能は何かを探し出し、金額も含めてトータルで解決策をご提案することが私たちの役目。本当に価値ある提案こそ、エス・トラストの切札です。また、当社はお客様の担当営業が変わることは基本的にありません。私も統括という営業全体をマネージメントする立場ですが、昔からの自分のお客様は変わらず担当しています。お客様も窓口が変わるよりは同じ人が担当してくれるほうが安心ですから。これも「変わらない」という価値ですね。

静岡本社 営業部 統括

小田 智博Chihiro Oda

お困り事をニーズの種としてビジネスチャンスを拡げたい。

営業活動に加え、パソコンの導入や初期設定、インターネット環境の整備などを担当しています。最新機器がそろっているのに、機能をフル活用できていなかったり、非効率なやり方が常態化していたりするケースをよく見かけます。そんな時は、お客様が慣れ親しんでいる環境を維持したまま、「こうすると短時間で処理できますよ」とか「この機能を使うと便利ですよ」とアドバイスするよう心がけています。不可欠なのは提案に先立っての徹底したヒアリング。お客様の業務の流れを熟知していなければ、せっかくのご提案も的外れに終わってしまいます。ヒアリングをして見えてくる「お困り事」こそニーズの種。もちろんその場で対処できることもあるのですが、抜本的な対策をご提案することで喜ばれることもあります。事象を単眼的に捉えず、大きな視点で問題の本質を解決することが、本当のサービスだと思います。

静岡本社 メンテナンスサポート チーフ

向田 直Tadashi Mukaida

お客様に鍛えてもらったから今度は恩返しする番。

入社した時はコンピューターやプリンターについて全く詳しくなく、お客様の要望に愚直に応えながら鍛えてもらったという思いしかありません。だからこそ今はその恩返しがしたい。同じような商材を扱う同業他社が数多いる中で、当社を選んでいただける理由を提供したいと思っています。当社で扱う商材はコピー機以外にも次々と追加されていくので、既存のお客様にも新たな提案を日々行っています。また、当社は自社でメンテナンス部門も抱えているのが強みです。問題に直面した時、私では解決できなくても会社全体の力を合わせれば解決方法は見出せますから。そのような営業活動を通じてエス・トラストという会社の満足度を上げていけたらと思います。

山梨営業所 営業部 シニアマネージャー

永田 真一朗Shinichiro Nagata

若さと情熱を武器に誠心誠意取り組む。

私はまだ27歳ですが、営業部で部下15名を管理するマネージャーを務めさせていただいております。ベテランの課員のように老獪な話術は持ち合わせていませんが、ひたすらガムシャラにお客様に当たっていく情熱では誰にも負けません。お客様と応対する時は貴重なお時間を拝借しているという気持ちを忘れずに、1分1秒たりとも無駄にしないよう誠心誠意取り組むことを心がけております。営業は売っておしまいではなく、ご契約いただいてからどれだけ長くお付き合いできるかが勝負。これからも熱意と勢いと忍耐力を武器にお客様のご要望にお応えし続けてまいります。

静岡本社 営業部 マネージャー

大木 紳吾Shingo Ohki

異業種からの転職を武器にして。

お客様のふところに飛び込んでいく、一歩中に入る、そういう営業スタイル。前職は調理師だったので、まったく異業種からの転職でした。とにかく周りの先輩のいい部分はどんどん吸収して、まずはやってみようと。ただ前職との共通点として、お客様のことを考えながら料理を作ることと、お客様のメリットを考えながらご提案することなど、似ている部分もあります。そうしてお客様から「ありがとう、契約してよかったよ」と感謝していただいた時が一番うれしいですね。もちろんコストも当社のメリットではありますが、メンテナンスが自社にあることで身近に感じていただける部分、そうした対応力の部分が他社に比べた時のメリットだと思いますので、これからも親身に応対していくつもりです。

静岡本社 営業部 マネージャー

西澤 孝展Takanobu Nishizawa

キミだからお願いする、と言われる人に。

営業職は未経験だった私は、入社後数ヶ月を経た今、電話でのアポイントやお客様とのコミュニケーションの難しさを日々痛感しています。その中で意識しているのは、決してコストメリットだけのお付き合いにはしないということ。コストメリットはあって当然。重要なのは、お客様の立場から問題点やニーズをいかに引き出し、心を開いていただけるかだと思っています。そして「キミならいいよ、契約するよ。」とおっしゃっていただけること。つまり松田直樹という人物の誠意や姿勢を評価してもらうことが大切だと考えています。社会人として、また一人の人間として発言に責任を持ち、その言葉一つひとつに説得力のある人間になれるよう切磋琢磨する毎日です。

静岡本社 営業部

松田 直樹Naoki Matsuda

企業に寄り添う。そして人に寄り添う。

新卒で入社して2年目、当初いたOA機器をセールスする事業部から新たに設立された保険事業部へと異動になりました。最初は右も左もわかりませんでしたが、社外のコンサルタントの方に指導を受けながら勉強、試験、勉強、試験の日々を重ね、今ではお客様にとってベストな保険を提案できるまでに。保険商品は法人向けもあれば個人向けもありますが、やはり多いのは個人向けの商品です。今までのOA機器はB to Bでしたが、個人向けの商品はB to Cのお話になります。OA機器営業時代のお客様とご商談させていただく時も、より個人の人生設計に踏み込んだ内容を考えますから、そこが大きく異なる所でもあり醍醐味でもあります。だからこそ、人それぞれに合ったオーダーメイドの保険設計をいつも心がけています。それこそが私たちが保険を扱う意義ですから。

静岡本社 保険事業部

福代 佳奈Kana Fukuyo

相手の話を聞くことに一生懸命になる。

12年続いた引越屋の仕事から転職してきてもうすぐ3年。今では営業の中でもトップクラスの成績を叩き出すまでになることができました。ただ、自分の武器は商品知識の豊富さなどではなく、人つまり自分を売るということに徹していることです。私は車やサッカー、音楽や熱帯魚など趣味が豊富ということもあり、お客様と共通の接点を見つけやすいんです。だから最初はほとんどビジネスの話はせず、ほぼ雑談です(笑)。そして9割は相手の話を聞くように努めています。お客様がそうしたプロセスを経て心を開いてくれたら仕事は自ずと決まったようなもの。損得を抜きにして、こちらの提案に耳を傾けてくださいます。親身になるということを行動で示すこと、それが私のスタイルですね。

静岡本社 営業部 マネージャー

伴野 裕哉Yuya Tomono

前向きに、ひたむきに正解を求めて。

2017年にデザインの専門学校から新卒で入社してもうすぐ3年。振り返ると最初の頃はよくやっていたなと思います。主な仕事はウェブサイト制作、名刺や会社案内などの印刷系デザインまで手掛けます。入社当初は実務経験がほぼ無く、教わる先輩もあまりいない中、わからないことがあればWebで調べ、自分で解決しながらひたすら前に進んできました。でもその容易に正解を教えてもらえない環境下で、もがきながら成長したことが自分の地肉となっているんだと今は感じます。そして、頭で描いたことが画面に表現され、お客様が求めているものと一致した時にこそこの仕事の喜びを感じることができます。今では8名に増えたこのデザイン部門のスタッフと日々新しいデザインに取り組んでいます。

静岡本社 アカウントプランニング部

大畑 未紗Misa Ohata